11月12日(水) 今日は出産できる? 生後0日

再入院ということで、朝7時半に入院しました。
今日は、パパが休みなので朝から付き添ってくれました。
まず、LDR室にて、看護婦さんに先日と同じ処理を済まされました。
その後、8時半頃(だったのかな?)に、院長先生が登場して、無痛分娩の麻酔用のカテーテルを背中に二本通す処理をされました。カテーテル自体を通すのは、そんなに痛みはなかったのですが、通す姿勢が横向きでエビみたいな格好で背中はぴんと張るようにしないといけないのですが、看護婦さんに抑えられ、かなり辛い体制でした。
足は、つりそうになるし、背中をまっすぐと張るのが難しいんですよね。
その処理が済むと、メトロ(バルーン)を入れる処理をされました。これで、子宮口を開くというわけです。
看護婦さんに、なるべく歩けるようだったら、歩いてくださいと言われたので、パパと一緒にネズミのように、院内を行ったりきたりしてました。(笑)

お昼になっても、新館の退院患者さんがまだいるようで、お部屋に入れず、LDR室にてお昼を食べて下さいと言われ、クリームシチューを食べました。
その後、2時近くになって、やっとお部屋に通してもらえました。
少しすると看護婦さんがきて、再度NSTを付け、陣痛と赤ちゃんの心音の確認をしました。

15時半頃に、再度院長先生の検診でメトロが抜け子宮口6cmということで予定通りの進み具合のようです。
また、LRD室に移動し、陣痛促進剤を投与。この時点で、院長先生の予測では、22時前後に出産予定とのことでした。パパは、もっと早く産まれると思ってたみたい。(笑)
そりゃ、無理でしょう・・・

看護婦さんに、痛いの我慢しないで、せっかくカテーテルを通してるから麻酔薬の投与言ってくださいねと言われました。
なぜか、「我慢強いわよね」とか言われるし。というか、生理痛位の痛みなんだけど・・・
使う人は、この位でも麻酔薬を投与するとのことでした。
また、出産時どうしても我慢できない位の痛みであれば、先生に言えば、もっと強い麻酔できるとのことでした。ただ、その場合、お母さんが眠ってしまうので、赤ちゃんの顔が見えないのと、赤ちゃんもスリーピングベイビーとして生まれてしまうので、すぐ泣き声をきくことができず、危険とのことでした。
どうも、この話をきいてしまったので、極力麻酔を使わない方が良いのかなぁ・・・と思ってしまいました。

陣痛促進剤を30分おき位に、量を増やされ、途中からカテーテルの上部の麻酔の投与を始めました。
6時すぎに、夕食を出されたのですが、さすがにあまり食べる気にならず、パパに食べて良いよということで、私は、陣痛の合間にカステラと、生姜焼き、れんこんをちっとだけお口に入れてもらいました。
そんなことをしてるうちに、なぜか下腹が結構痛くなってきて、パパに「ナースコールしてもよいかな」と言ったのが、7時10分頃。自分としては、下部の麻酔を入れてもらおうと思ったのです。前回に比べれば、痛みがそんなに強くないし・・・

早速、看護婦さんがくると、子宮口の開き具合を確認するわねとのこと。
早く麻酔薬増やしてくれ~と思ったのですが、確認すると「全開してるわ!」とのことで、もう産まれそう!とのこと。
それまで、みていてくれた看護婦さんが「ほら、経産婦さんだから、早いかもよと言ったでしょ」と確認してくれた看護婦さんに言ってました。
「えっ!?」というのが、本音でした。確かに痛かったけど、もう産まれるとは思わなかった。だって、予定では22時前後ぢゃ!?
すぐに、看護婦さん3人で出産の準備を始めました。ひょー。そのうち、一人はまたもや同級生の看護婦さんだっ。一人目の出産の時も、赤ちゃんを洗ってくれたのが、彼女だったんです。さすがに、声かける元気はなかったので、パス。
パパはいったん外に出されてました。でも、今回は急遽立会出産にしました。

準備がととのうと、いつも検診で診てくれていた女医さんと、院長先生が登場。
「麻酔使ってるから、そんなに痛くないでしょ?」と院長先生。
かなり、痛いし。麻酔をするのが、遅かった・・・・
赤ちゃんの頭あたりが見えたところで、パパは中に呼ばれたらしい。私は、さっぱり記憶にありません。
なかなか出てこないのか、院長先生と、看護婦さんに、上腹をかなり強く押されてました。途中、ちゃんと息遣いができていなかったようで、「赤ちゃんに酸素がいかないといけないからねー」と言われ、酸素マスクをされました。

そうこうするうちに、無事赤ちゃんが生まれました。
11月12日(水) 19:35 女の子 2985g
a0034594_15554173.jpgまたまた、拭いてくれてるのは、同級生みたい!?
今は、すぐに赤ちゃんを洗わなくなったとのこと。体温が下がるかららしい。

a0034594_15571192.jpg

a0034594_15593435.jpg体重測定などが終わり、すぐ抱っこされてくれました。
今回は、同級生の看護婦さんが写真を撮ってくれました。なんでだろう?同級生サービス!?前回は、撮ってないよ。

a0034594_161596.jpgカニみたく泡ふいてるし・・・

a0034594_1614076.jpgパパとも写真撮影。


経産婦ということもあり、「痛いー!」と出産の準備を始めてから、30分ほどで産まれてしまいました。あっという間だって、パパは言ってたけど、本人はかなり長く感じられました。
確かに、一人目より痛くなかったけど、痛かったし。麻酔薬は、もっと早くから入れてもらえばよかったと、後悔してしまいました。あまり、無痛分娩の意味なかったかも。とほほ・・・
今回は、看護婦さん3人、先生2人と、平和な日でよかったです。
一人目は、今思うとかなり忙しかったんだろうけど、ナースコールしても、全然看護婦さんきてくれなかったし、助産師さん(だと思う)が、一人で準備を始め、一人で取り上げ、携帯で最後に先生を呼んでへその尾を切っていたんですよね。途中、陣痛促進剤が抜けたりして、陣痛が来なくなって、赤ちゃんが出てこなくなちゃったし、ひっちゃかめっちゃかな出産でした。
本当に、看護婦さんやら、先生が居てくれて、無事出産できて良かったです。
by nao_hamunosuke | 2008-11-19 16:08 | ☆ハナちゃん(0歳)
<< 11月13日(木) お兄ちゃん... 11月10日(月) 入院中止!? >>